ニキビ薬のランキングを見る前にこちらも理解しておきましょう。

 

生理前になるとニキビができやすくなる、という人は多いのではないでしょうか。
これは排卵期から生理前にかけて、ホルモンバランスが大きく変化することの影響が、肌にも現れるためです。
排卵が起こると、それまで卵子の成長を促していたホルモンの作用が、受精卵を受け入れて妊娠を成立させるための働きに切り替わります。具体的には、一般的に「卵胞ホルモン」といわれるエストロゲンの働きが弱まり、「黄体ホルモン」といわれるプロゲステロンの働きが強くなるのです。
このエストロゲンは肌に潤いを与える作用がある一方、プロゲステロンのほうは皮脂の分泌を促す作用があると言われています。そのため排卵後には、エストロゲンの働きが弱くなり保水・バリア機能も弱まったお肌に、プロゲステロンによって過剰に分泌された皮脂が詰まってしまいがちです。毛穴に残ったその皮脂がアクネ菌を増殖させて、結果肌はカサカサするのになぜだかニキビはできやすくなるという、どうにも困った事態が起こってしまうのです。
このホルモンの働きを変えるわけにはいきませんから、生理前のニキビを防ぐためにはお肌をなるべく清潔に保って、皮脂対策を万全にするのがいいでしょう。
また、生理前は同じくホルモンバランスが原因で、どうしてもイライラや憂うつ感などを強く感じやすい状態になってしまいます。ストレスがお肌に与える影響は大きいので、意識的にリラックスできる時間を取ったり、良質な睡眠を取ることを心がけることも、この時期悩ましいニキビの予防法だと心得ておきましょう。

 

 

おすすめの
ニキビ薬ランキングはこちら