ニキビ薬のランキングを見る前にこちらも理解しておきましょう。

 

コーヒーにはニキビを作る原因となりえます。コーヒーそのものというよりも、カフェインが関係しております。
カフェインを摂取することにより、ビタミンやミネラルといった肌に大切な栄養素を尿とともに排出してしまいます。
特に、ニキビを改善するために必要な、脂質代謝の作用があり、皮脂の過剰分泌をコントロールするビタミンBや肌の再生に必要なコラーゲン生成を助長するための働きがあるビタミンCなどのビタミン類や、肌の細胞の形成をするために必要なたんぱく質の合成や分解に作用するための成分の亜鉛などのミネラルが不足する原因となってしまいます。
また、コーヒーを飲む際に入れるものにもニキビの原因となるものがあります。
まず、砂糖を摂取すると、ビタミンB群やクロムやマグネシウムなどのミネラルが過剰に消費されてしまいます。ビタミンB群が不足すると、皮脂量が増えてアクネ菌を増殖させてニキビを作りやすい肌となってしまいます。
また、コーヒーフレッシュなどのクリームは、植物性の脂肪分などをベースで作られており、トランス脂肪酸などの添加物が多く含まれております。それらの添加物は、体内で代謝されにくく、老廃物や毒素として体内に残ってしまうことがあり、老廃物が溜まることで、新陳代謝が落ちて、ニキビができやすい身体となってしまいます。
市販の缶などに入っているものの場合、糖分や油脂類などが多く入っている場合があるため、よりニキビを作る原因を作ってしまうことになります。

 

おすすめの
ニキビ薬ランキングはこちら